ちょっと残された麦茶を新しく作るのはママの仕事?

冷蔵庫の麦茶を少しだけ残して置いてあることは多くないですか?
最後に飲んだのは誰!なんでちょっとだけ残して放置してるの?なんで言わないのかな?

 

 

そう思ってるママさんは、たくさんいます。

 

 

みんな麦茶を飲むのはいいですよね。

 

でも、ちょっとだけ残して何も言わないのが嫌なんですよね。
見つけた時のイライラが!

 

 

冷たい麦茶が完成するまでって、時間がかかるから大変なんですよね。

 

 

麦茶を作るのは意外と手間がかかる

冷たい麦茶が完成するまでには、手間と時間がかかります。

 

ティーパックで麦茶を作る場合は
『煮出し』『お湯出し』『水出し』で作ることになります。

 

 

どれで作っても、冷たい麦茶ができるまでには時間がかかります。

 

 

『煮出し』は、キッチンが暑くなりますし、『水出し』は麦茶になるまでに2時間ぐらいかかります。

 

手間と時間がかかる麦茶つくりが面倒で、ペットボトルの麦茶を買う方は多いです。

 

 

麦茶を早く作る方法とすぐ冷やす方法

麦茶を作る時に、少しでも早く作る方法と、便利な水道直結ウォーターサーバーをご紹介します。

 

水道直結ウォーターサーバーを使うと、簡単に早く麦茶が作れます。

 

準備するのは
・麦茶ポット(耐熱容器)
・水出しティーパック

 

麦茶ポット(耐熱容器)にティーパックを入れて、温水を少しいれます。
ティーパックが全部浸かる程度で1〜2分ほど蒸らします。

 

あとは、冷たい水を麦茶ポットに入れて冷蔵庫に入れるだけです。

 

早く冷たい麦茶が飲めます。
キンキンに冷たい場合は、氷を入れればすぐに冷たい麦茶が飲めます。

 

 

コスパ最高の水道直結ウォーターサーバーが『楽水ウォーターサーバー』
楽水ウォーターサーバー 公式サイトはこちら

 

水道直結ウォーターサーバーなので、水も気にせず使えるから楽です。
浄水された温水と冷水がいつでも使えるのは、とても便利です。

 

麦茶やスポーツドリンクを作るだけでなく、料理にも気兼ねなく使えるので時短にもなりますし、料理も美味しくなりますよ。