マンションの水道水はまずい?美味しくない?

マンションの水道水がまずい!美味しくない!と感じている方は少なくないです。
いろいろな条件が揃ってしまいまずい状態になっていると思います。

 

日本の水道水は、世界から見ても安全で美味しいです。
浄水場のレベルも高く、厳しい検査を経て、各家庭に届けられています。
全国の水道事業体でつくった水が、ボトルウォーターとして販売されるほど、安心して飲むことができる水です。

 

美味しい水がまずいと感じる場合、何かしらの原因があるからではないでしょうか。

 

 

マンションの給水方式は大きく分けて2種類

マンションの水道水は、大きく分けて「水道直結方式」と「貯水槽方式」があります。
給水方式には、水道本管から直接給水する「水道直結方式」と貯水タンクを設置する「貯水槽方式」2つがあります。

 

「水道直結方式」とは、水道本管から各戸に直接給水する方式になります。
「貯水槽方式」とは、貯水槽と呼ばれる屋外に設置した大きなタンクにいったん水を蓄えてから各戸に給水する方式になります。

 

 

水道管から直接給水される水道直結方式だと、常に水が流れているので、それほど水の匂いや味を感じることも少ないと思います。
消毒用の塩素や水道管内のサビの味を感じる時もあるかも知れません。
さほど気にならない程度なので、普通に生活に使っていて違和感は感じないでしょう。

 

貯水タンクを設置してる貯水槽方式だと、水道から貯水タンクに水を溜めてから各部屋に水を送ります。
タンクに水を貯めるため、消毒用の塩素と水道管内のサビの他に、タンク内の匂いなども増えることもあります。

 

貯水槽の清掃と、検査機関による水質の検査は、定期的に行うことを義務付けられています。
そのため、タンク内の状態がやばいことになるのは、そんなにありません。

 

ただ、古いマンションは貯水タンクも古くなります。
それと、清掃員が貯水タンクで泳ぐ動画がニュースに出たこともありました。

 

 

たとえ、貯水槽方式は嫌だ!と思われても、いますぐ引越しするわけにもいかないですよね。
そんな時の対策として、水道水を沸騰させたり、浄水器の設置だったり、ミネラルウォーターを箱買いしたり、ウォーターサーバーを契約する方法があります。

 

1番いいのは、気にしない・忘れることですが、気になる方は、何かしらの対処をする必要があります。